「ほけんの窓口グループ株式会社」のパートナー企業として複数社の保険商品を取扱う保険代理店です。

HOME > 転職者インタビュー

転職者インタビュー・タイトル画像

背景画像・上
経堂駅前店M

ライフパートナー / M

プロフィール

CDショップの店員・不動産の賃貸管理を経て、2012年6月に株式会社オフィス・アウルに入社。学生時代には、ロックバンドでギターを演奏していたことも。

お客さまの人生に寄り添う仕事。責任は重いですが、やりがいも大きいです。

前職では、マンションの賃貸管理をしていました。簡単に言えば、大家さんの代行業務。家賃収納や
リフォームの手続き、入居者対応などです。お客さまのお役に立てる仕事ではありましたが、大家さん
から連絡が来るのは、「家賃滞納」「住民トラブル」といった問題が発生したとき。マイナスの出来事に対応するだけではなく、もっとプラスの提案ができるような仕事がしたいと、少しずつ転職を意識
するようになりました。

転機となったのは、30歳の節目を迎えたとき。当時付き合っていた現在の妻から「あなたに向いて
そう」と『ほけんの窓口』の仕事をすすめられたんです。妻は『ほけんの窓口』に行き、カウンターで相談にのってくれる営業の人を見て、そう思ったようで。私自身も“お客さまに喜んでいただける、
プラスの提案ができる仕事を”という軸で職を探していたので、興味を持ちました。そこでホーム
ページを見て、地元の神奈川エリアを中心に出店をしていたこの会社への入社を決めたのです。

入社当時、保険の知識はゼロ。しかし不思議と不安はありませんでした。おそらくそれは教育体制が
しっかりしていたから。2ヶ月にわたる基礎研修にて、お客さまとどのように接するべきかを学べるのです。店舗へ本配属されたあとも先輩が横について教えてくれたおかげもあり、まったくの未経験でも
大丈夫でしたね。

この仕事の魅力は、お客さまと一生のお付き合いができること。皆さん、就職したとき・結婚したとき・お子さまが生まれたときなど、節目節目でご相談に来てくださるんです。まさに人生に寄り添う仕事。保険は資産や命に関わる商品であるため、決められたルールを徹底して守る、誠実な対応をすると
いった強い責任感が必要なことは確かですが、そのぶん喜びや満足感も大きいんですよ。

背景画像・下
背景画像・上

ライフパートナー / K

プロフィール

生命保険での営業と医療事務を経て、2015年10月に株式会社オフィス・アウルに入社。趣味は、9歳になる息子とサッカーをすること。家庭と仕事の両立を実現するママ。

イオン厚木店・K

仕事と育児を両立できる。これが決め手となりました。

学校卒業後は、保険会社で営業の仕事に従事していました。自分の仕事がお客さまのためになり、頑張った分だけ評価される環境でしたので、仕事は楽しかったですね。しかしその後、営業以外の仕事にもチャレンジしたいと思い、医療事務へ転職。20代のうちに2つの仕事を経験できました。

2つとも異なる仕事ですから、当然仕事内容や、やりがいも違います。営業は結果を出した分だけ評価される環境で、自分の裁量で決められるところも大きい。それに対して医療事務の仕事は、ルーチンワークがメインで、言われたことをしっかりこなすことが大事です。この2つの仕事を通じて得たことは、自分は頑張りが評価される環境のほうが楽しく仕事ができるタイプだという、適性に気付けたことですね。

もう一度営業がやりたい。そう思って転職を決意しました。子どももいたので、「仕事と両立ができる環境」を探しているなかで出会ったのが当社。保険業界での就業経験があったので、身につけた知識も活かせますし、頑張りが反映される仕事なので、以前のようにやりがいをもって仕事に打ち込めると思ったのです。また、残業がほとんどないため、家庭と仕事を両立できると感じ、入社を決めました。

よく仕事と家庭の両立は簡単ではないという話を聞きますが、当社は無理のない環境ですので、長く働くことができると思います。実際、当社には女性の営業メンバーが複数いるので、社長も随時、社員が働きやすい環境を整えてくれているのも安心できるポイントです。

背景画像・下
背景画像・上
イトーヨーカドー秦野店・S

ライフパートナー / S

プロフィール

学校を卒業後、11年間、自動車の設計に従事。その後、まったくの未経験から2016年2月に株式会社オフィス・アウルに入社。休日の過ごし方は、3才の息子と遊ぶこと。

長くお客さまと付き合える。だから「保険」という仕事に決めました。

私は、まったくの未経験からこの保険の世界に飛びこみました。もともとは、自動車の設計を11年間やっていて。そんなキャリアを歩んでいた私がなぜ保険業界に転職したのかというと、海外赴任中に体調を崩したことがきっかけでした。馴染みのない海外での長期入院でしたが、保険に入っていたからスムーズに入院することができ、生活することができたのです。ここではじめて保険の大切さを実感することになりました。

また入院して一時的に仕事から離れるなかで、今後のキャリアについても自ずと考えるようになりました。漠然と頭のなかにあったのは、お客さまともっとコミュニケーションをとる仕事のほうが面白いのではないかということ。設計はお客さまが見えない仕事でしたから、もっとお客さまの反応を感じられる仕事がしたいと思ったのです。そこで保険の仕事が候補に。お客さまと向き合える面白そうな仕事だと思ったのです。

ただ一つだけ気になっていたのが、保険の営業はセールスの色が濃いというイメージがあったこと。本当にお客さまのために提案することができるのか疑問が残っていました。しかし、当社はお客さまのほうから来店される来店型のショップであり、また保険会社各社の商品が扱えることを知り、本当にお客さまの求めているものを提案できる環境だと考え、入社を決めました。

入社して感じるのは、長くお客さまと付き合える面白さです。保険は人生で2番目に高い買い物と言われる商品ですから責任感もありますが、長くお客さまと付き合っていける面白さもあります。結婚されたばかりのご夫婦が、数年後にお子さまを出産され、お会いできたときの喜び。お客さまと一緒に人生を歩めるのは、この仕事ならではの面白さだと思います。

背景画像・下

Topへ